振袖を格安でレンタルするには

振袖を格安でレンタルをしたいという場合には、時期に大きく左右されることになります。
振袖は、成人式の日に着用したいという人が大半であり、この日の集中して利用されることになります。

つまり、成人式の日にはレンタル料が高くても、需要があることから借りてもらえる可能性があるので、割引されることはめったにありません。また、成人式の前後の日であれば前撮りや後撮りに利用されることもあります。

その一方で、1月以外では親戚や友人の結婚披露宴に参列する時に着たいという人であったり、格式の高いお茶会やパーティーに参加する時、お見合いや結納に利用される程度になります。

振袖は未婚女性の着物でもあり、未婚であっても30代になると着用を控えるという女性もいるものです。そのために、振袖レンタルでも人気柄は利用される人や時期がとても絞られる着物になります。閑散期となる1月以外の時期であれば、格安料金で利用ができる可能性が高まります。

また、店頭で借りるのではなくネット通販で探してみることも格安にできるコツになります。
店舗を構えていないことで家賃や人件費を削減できるネット通販では、経費が掛からない分だけリーズナブルな料金で提供されていることも多いものです。

振袖と一緒にレンタルできる小物とは?

振袖をレンタルする際には、小物も活用することで印象を大きく変えることができます。成人式などでは、一度に多くの人が利用しますので、ときとして衣装が被りがちです。そんなときは、小物を使ったアレンジを加えることで、同じようなレンタル振袖でも、まったく違う印象となります。

たとえば衿元などは、変化を手軽につけられるポイントです。こうした場所は小物によって色やデザインを容易に変えられます。首元のラインにアクセントを引くだけで、可愛さを引き出したり、落ち着いた雰囲気を出すことも可能です。また、帯周りも小物が活用できる場所になっています。

家に古くからある振袖を着る際にも、帯をレンタルして変えるだけでも、より時代に合わせた装いに近づきます。緩まないように固定する帯締めにも、様々なバリエーションがありますから、しっかりと選びたいものです。そして草履とバッグは、対のものを使うのが作法とされています。

振袖と一緒にレンタルして、コーディネートを合わせておくべきです。他にも冬のシーズンには欠かせないショールなど、小物には多様な種類があります。振袖をレンタルするときには、小物類も一緒に検討して、華やかな衣装に身を包んでいきましょう。

レンタルできる自分にあった振袖の選び方について

成人式などの晴れ舞台で着ることになる振袖は、自分を華やかにしてくれる役割があるため失敗は許されず、またレンタルと言えど決して安くはありません。そのため、振袖をレンタルする前に最低限押さえておくべきことを確認しておきましょう。
まずは色と柄です。振袖の印象を決めるといっても過言ではない色と柄は、自分の好みを選ぶというよりも、基本的に自分に合ったものを選ぶことが重要になります。たとえば、自分はピンクで柄が派手なのが好きだけれど、身長が高くてスラッとしたスタイルであるため、実際に合うのは落ち着いた色合いで、かう柄が主張しすぎていないものである場合には、そちらを選ぶ方が失敗しないでしょう。また、振袖の色と柄を選ぶ際によく見聞きする言葉として、パーソナルカラーがあります。これは、肌や髪、瞳など生まれつき持っている色であり、これを基本として振袖の色と絵を選ぶことも大切です。
次に、帯締めや帯揚げ、髪飾りなどの小物です。振袖自体も大切ですが、全体のバランスを整えることも重要です。たとえば振袖は落ち着いた雰囲気であるのに対して、小物を差し色として少し派手なものを選ぶと、印象がまた違ってきます。自分では客観的に選べない場合には、スタッフなどと慎重に決めるようにしましょう。

振袖をレンタルするまでの流れについて

いま、着物や振袖をレンタルするという方はとても増えています。
特に振袖においては成人式で利用される方が多く、シーズン前になりますと、もう人気があるアイテムはなくなってしまっていたりしますので、早めに申し込む事をおすすめします。

レンタルまでの流れについてですが、まずはネットなどで探す場合には、ブランドの物であればそのワードで探し、まとめられているサイトなどもありますので、そちらを検索して、自分の好みの振袖を探します。
ネットや電話で申し込みをして、あとは自宅に届けてもらうということになります。
使用後はクリーニングなどもせずに、そのまま返送すればOKという流れです。

呉服店などでのレンタルの場合には、実際にあるものの中から試着をしたり、場合によってはカタログがあり取り寄せてもらうこともできます。直接引取りにいくこともできますし、自宅まで宅配してもらうことができる場合もあります。
呉服店の場合は、返却方法は直接持っていくか、配送でOKなのかというのはお店によって異なりますので、事前に確認をしておくと良いでしょう。

どこでレンタルをするとしても、人気があるアイテムはすぐになくなってしまうこともありますので、早めに予約をしましょう。

振袖のレンタルで失敗しない秘訣

成人式のために振袖をレンタルする方もいらっしゃいますが一生に一度の晴れの舞台ですので失敗しないようにするにはどうすればいいでしょうか。
まず予約は早ければ早いほどいいと思ってください。成人式は一月に行われますが秋くらいからでは遅すぎます、早い人は一年前から予約するくらいです。

二か月三か月ほど前になりますともう自分の好きな柄は他の人にレンタルされていて借りられなくなることもあります。特殊な体型の人は自分にあった振袖を見つけられないでしょう。
早く借りておけばデザインも納得のものを見つけられますし割引特典もありますのでお勧めです。

レンタルするときには帯や下駄など付属品や小物なども一緒に借りられるセットを利用するようにしてください。足袋は自分で用意しなければいけないことが多いのですがこれは特典としてついてる場合もあります、当日になって買うのを忘れたということにならないようにしましょう。
レンタル店に行った時には必ず簡単でいいので気付けてもらうようにしてください、サイズがあっているかや似合っているかを知るためです。
返却する時遅れてしまうと延滞料を取られることもあるので必要なければ早めに返却するようにしましょう。

振袖をレンタルする人の理由

女性の方は成人式の際に振袖を着ますが、成人式の一度しか着ないという場合はもったいないと思う方も多く、レンタルをされる方のほうが多いです。成人式スーツでも大丈夫ですが、やはり女性の方は振袖を着ている方のほうが圧倒的に多いです。

レンタルする方の理由としては、料金となり、振袖は比較的高額なものが多く、レンタルのほうが費用を抑えることができます。また、着物のクリーニングも普通の服とは違い高くなるので、レンタルをしたほうがクリーニング代も抑えることができます。

妹がいるという方でも、購入した場合には自宅でしっかりと保管しなければ虫に食われて穴が開いてしまうなどのトラブルが起こることもあります。購入して将来着る場合や、妹が着る場合でも、好みが違ったりデザインの流行が変わりますが、レンタルの場合は豊富なデザインから選ぶことができるため、それらを防ぐことができます。より費用を抑えたいという方は、振袖の一式セットや振袖のレンタルと写真の撮影をセットで行っているところを選ぶようにしましょう。

また、成人式などのイベント前には予約が殺到するため、早めに予約を取らないと好みのデザインを選択することができなくなるので、早めに予約を取るようにしましょう。